FC2ブログ

記事一覧

アンチは気にしなくていいよって話

アンチっているじゃないですか?

あの特定の人物・グループを嫌ってネガキャンやってる奴ら。
Twitterやブログで有名になってくるとどうしてもアンチがついてきます。
アンチに叩かれまくったことで心を病んでやめていく奴もいるけれど、そんなの勿体ない!
アンチなんて気にせず突き進んでいけばいいんです!今回はその理由について説明します。

スポンサーリンク


1.皆が喜ぶような作品を作るなんて無理だよ
もうね、これに尽きます。
ミスチルやGLAYにだってアンチはいますし、食べ物にだって好き嫌いはあるでしょ?
それを手にとって喜ぶ人がいる以上、どうしたって嫌う人は現れるんです。

「楽しい」と「不快」は紙一重の感情です。
誰も不快にさせない作品なんて誰も喜ばない作品でしかないのです。


大体アンチに怯えて言いたいことも言えないんじゃ発信活動なんてする意味なくないですか?

2.顔も名前も知らない人にどう思われようが知ったこっちゃなくない?
もうひとつの理由がこれです。
ネット上であなたのことを叩いている人、あなたと実生活で会いますか?

会いませんよね?

ネット上で誰が何を言おうがそんなことはあなたの知ったことではないですし、そんな人にどう思われようが人生に一切影響がないんですよ?
ならもう思い切っていこう?

3.身バレを恐れるな
ここまで言ってもこう思う人もいるでしょう。
「でも身バレ怖いし…」

だから何?
人がネット上で何を言おうが勝手じゃない?


ちょっと考えてみてほしいんですけど
・あなた親の名前でエゴサしようと思いますか?
・会社の人の名前でエゴサなんてしませんよね?
・普通の人は他人のSNSの発言を見て一喜一憂しませんよ?
・会社の人がSNSで自分の悪口言ってたって別にどうでもよくない?


ほらね?人のSNSなんて特定しようと思わないでしょ?
逆に人のSNSを特定しようと躍起になってる人のほうがおかしいですよ(笑)

会社は営利を追及するための団体ですし、会社にとってなんらマイナスにならない一個人の愚痴程度ならスルーするのが最適解なんですよね。
まぁ流石に会社名を出したり具体的な業務内容を述べてしまうのはダメですが、皆そこまでバカじゃないですよ(笑)
本当に公開してはいけないような情報は鍵垢や有料noteに書くという手もありますしね。


いかがでしょう
「あぁ、確かにアンチにびびる必要はないかもな!」
と思っていただけたのではないでしょうか。

日本では表現の自由は保障されていますし、多少の愚痴や悪口は誰でも言うものです。
周りの意見を気にせず、思ったことは存分に言っていきましょう!
垢バレしたって僕はこうしてブログもTwitterも続けていますし、首都圏に住んでれば会社も山ほどありますからね。
一度失敗してもやり直しがきくんですよ。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント