FC2ブログ

記事一覧

転職活動記part6~施工管理を受けてみた~

先日終了する予定だった転職活動記ですが、読者から
「施工管理の会社を受けたときの話を聞きたい」
というメッセージを受けました。
というわけで、施工管理の会社を受けたときの話をしていきます。

まずはじめに、何故施工管理の会社を受けることにしたのか?と言う話になりますが

ITやめるとはいっても、俺何に向いてんだろう?やっぱ肉体労働のほうがいいのかなぁ?
そうだ!父さん建築やってるし、建築業界受けてみよっかな?
(ググる)お!求人あるやんけ!受けたろ!


…という物凄く浅はかな理由です。
当たり前ですが、この時点では施工管理がどういう業務なのかすら分かっていません。
それは追々知っていくこととなります。


今回受けた会社は2社です。それぞれA社、B社としましょう。
それでは、活動の様子を書いていきます。

スポンサーリンク


A社
A社では面接を二回受けました。一次面接と最終面接です。
かなりきれいなオフィスで、立地もよかったです。
一次面接で聞かれたこと
・何故施工管理?
・他も受けてるの?
・大学時代にやってた研究について聞かせて
・この大学結構有名だよね


一次面接ではどちらかというと「施工管理というのはこういう仕事をするものです」という説明会に近かったです。
面接中に会社のパンフレット貰いましたし(笑)

それと意外だったのは僕の出身大学が結構有名だったということです。
「こんな田舎にある大学関東じゃ絶対誰も知らねーよ」
って思ってたのですが、案外そうでもないようです。

研究内容についても聞かれました。
ホワイトボードを使って説明したのですが、なかなか興味深げに聞いていましたね。

面接中は舌がうまく回らず「緊張してます?」って二回ほど聞かれました(汗)
正直落ちたかなーと思ったので、帰り道は落胆していましたが、最終面接の案内を聞いたときには心底驚きましたね(笑)

「几帳面そうな性格だよね」と言われたので、それがプラスになったのかもしれないです。

最終面接で聞かれたこと
・営業経験ある?
・何故施工管理?
・何か部活やってた?
・コミュニケーション大丈夫?
・これまでやってきたこと放り投げることになってしまうけど、それでもいいの?


施工管理はその名の通り建設までの過程を管理する仕事です。
職人と営業との間に板ばさみになり、日程や工程の管理等を行います。
この仕事にはコミュニケーションは欠かせません。

ですが、僕はあまりおしゃべりなほうではありません。
これに対して面接官は不安を覚えたようです。
ただし、面接官に言わせれば
コミュニケーションは慣れればどうとでもなる
とのこと

また、施工管理は体力勝負の仕事です。
何かしらのスポーツをやっていればプラスに働く可能性はあります。

そして最後の質問、まったく畑違いの業界に進むということは、これまで積み上げてきたものを叩き崩すということです。
それに抵抗はないのか?という質問です。

いや、そもそも抵抗があったらこの会社受けてないんですけど!

昨日通知が来ましたが、この会社は落ちました。
おそらくもう他に受かってて入る気がないというのが伝わってたのかもしれないです(汗)

B社
B社は施工管理のアウトソーシングの会社です。
施工管理のアウトソーシング…なかなか香ばしいですが、この会社で言われた内容について見ていきましょう。
・週休2日は確約されない
・80時間残業する人もいる
・ていうかこの世界は残業100時間は当たり前
・半年くらい山梨で寮生活してもらう可能性もある


…ヤバくないですか?
真っ黒ですよ?最早ブラックホールです!
施工管理の闇を見た気がしました。
いやぁ…恐ろしいね…


この会社、内定は出ましたが勿論辞退しました。

今回のお話は以上です。
話の半分はネガキャンになってしまいましたが…笑
僕が仮に施工管理を本命としていれば、A社ならありかな?と思ってます。落ちましたけどね(笑)
色々な業界を見ると視野が広がりますし、新たな気付きもあるでしょう。
就職活動・転職活動の際にはひとつの業界に絞らず、様々な業界に目を向けてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

No title

現場監督は大変でっせ。

コメントの投稿

非公開コメント