FC2ブログ

記事一覧

ブログと音楽は似てる?その6つの理由

こんにちは
先日、GLAYが成功するまでの道筋を記事にしました。
そしてそれからも、僕はブログを書き続けています。
そこで思ったのは「ブログと音楽って似てるよね」ってことです。
その6つの理由を述べていきます。

スポンサーリンク


1.書いただけじゃお金にならない
ブログも音楽も、ただ書いただけではお金にはなりません。
作った作品がみんなに広まって初めてお金になります。

さらに、ブログで稼ぐにはアドセンス等と契約し、広告収入を得る。
音楽で稼ぐには事務所と契約し、テレビ出演やCDの販売等をする。
といったように、スポンサーとの関わりも大事になってきます。

2.一度ヒットすると半永久的に稼いでくれる
ただ書いただけではお金にならないブログと音楽ですが、一度ヒットすれば自分の作った作品たちが半永久的にお金を稼いでくれる可能性があります。
GLAYなんていまだに年収億越えらしいですからね(汗)
カラオケや動画再生等を通じて、自分たちの作った音楽が勝手に働いてくれるんです。

ブログもそのようなところがありますね。
一度有名になり、毎日のように多数のファンが駆けつけるようになれば、多少更新頻度を落としても稼げるようになります。
…まぁそこまでが長いんですけどね(^^;

3.たった一つの作品が何百万にも化ける可能性がある
これすごいですよね。
TAKUROさんは"Yes, summerdays"の印税で何百万ものお金を手に入れたらしいですよ。

"Yes, summerdays"は約20万枚を売り上げています。
ということは、約160万枚を売り上げている"誘惑"や"winter again"は…?

もう想像しただけでえげつないですね(笑)

ブログもそういう要素を持っています。
一本の記事が大ヒットしたとしましょう。
その記事は検索ワードでトップに躍り出るほどの人気を手に入れました。
毎日何百万人もの人がその記事を読んでいます。
そういう状態になると、この記事だけで相当稼げるはずです。

4.にわかからの収入もある
音楽にはメディアタイアップというものがあります。
ドラマやCMに楽曲が使われる、あれです。
そういったメディアタイアップは自分の固定ファンだけでなく、そのドラマやCMを見て好きになった所謂「にわか」と呼ばれる層を取り込むこともできます。
そのにわか層が自分の存在を知り、ファンになっていくというのはものすごくありふれた話です。

ブログにも似たような現象があります。
自分の打ったツイートがバズったとしましょう。
そのツイートに関連記事をぶら下げると、自分のことを知らない人たちにも記事を読んでもらうことができるのです。
もちろん一見で離れていく人も多いですが、そこで自分のファンになってくれる人も存在します。
web検索による検索流入もありますね。

5.なんだかんだ言っても固定ファンの力は大きい
とはいえ、やっぱり固定ファンの力は大きいです。
応援のメッセージをくれるのは固定ファンが多いですし、作品を世に出せば手に取ってくれます。

固定ファンの存在は、創作活動を行う人にとって大きな励みとなります。

6.自分の名前が後世まで残る
そして最後にこれです。
僕が頑なに実名で活動を続ける理由はこれです。

会社での仕事をいくら頑張っても、有名になるのは会社です。
会社の商品が売れても結局は会社の手柄になってしまうので、自分の名前は残らないのです。


その点、ブログ・音楽はどうでしょう。
自分の作った記事・楽曲は、まぎれもなく自分の作品です。
自分の作った作品が有名になればなるほど、自分の名前が売れていきます。

自分の名前が売れると、音楽家の場合はメディアタイアップの話が出てきますし、ブロガーもファンからのリクエストを受けることがあります。
自分をブランディングすることができるんです。


いかがでしょう?
「あぁ、確かに似てるなぁ」と思っていただけたのではないでしょうか?
僕がブログを続けている理由、TAKUROさんへの憧れはあります(笑)
彼の作った楽曲が人々に喜びを与えたように、僕も人々に喜びを与えられるような記事を作っていきたいと考えています。
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント