FC2ブログ

記事一覧

首都圏民はTwitterにハマりやすい!その二つの理由

こんにちは
皆さんはTwitterをやっていますか?

僕は大学院までずっと田舎に住んでいて、大学院生のころにTwitterを始めました。
そして就職を期に首都圏へと越してきましたが、首都圏に越してきてからはTwitterにすっかりハマってしまいました(笑)

首都圏に住んでいるとTwitterにハマりやすいと思います。
今回はその理由について語っていきます。

スポンサーリンク


1.メディアとの距離が近い
Twitterに限らず、テレビやネット、新聞etc...
日本のメディア媒体が取り上げる物事は大体首都圏が中心です。

ですので、首都圏に住んでいるとTwitter上でネタになった場所にすぐに行ってみることができます。
田舎ではテレビやネットで話題になっているところになんてなかなか行けませんよね?

2.Twitterの世界の人たちと現実で出会えてしまう
ネットの人たちと現実で会うことを「エンカ」といいます。
首都圏でTwitterをやっていると、エンカが容易に出来てしまうのです。

Twitter上には普通に生活していたらまず出会えないようなヤバい奴も多いのですが、
そういった人といとも簡単に繋がることができてしまうのです。
「この人たちは実在の人物なんだ!」というのが身をもって実感できるんですね。

田舎に住んでいるとヤバい奴を見かけても「所詮はネット上の人でしょ?」といったように一歩引いた目線からその人たちを眺めることになります。
しかし、首都圏に住んでいるとそいつらが自分の身近な人物のように思えるのです。
そして、ヤバい奴が自分のすぐ近くにいると、知らず知らずのうちにそのヤバい奴らに毒されてしまいます。
特に実社会で誰とも話さずに一日を終えるような生活を送っているなら尚更です。
僕が就職後Twitterに入り浸るようになったのはある意味必然であるといえますね(^^;


以上です。要約すると
田舎:Twitterは所詮遠い世界の話なので、Twitterと現実の境界線がハッキリしている。
首都圏:Twitterは自分の身の回りで起こっている話で、Twitter上の人物は実在の人物であるという実感が持てる。
その結果、ネットと現実の境界線がどんどん曖昧になっていく。

ということですね。
ただこれは悪いことばかりではありません。
僕のように会社で人間関係が築けなかった人にとっては、Twitterを通して人間関係を築くこともできます。
Twitter上には「界隈」というものがあり、これは所謂グループのようなもので、その界隈の中でわちゃわちゃするのです(笑)
中には界隈同士で争ったりもしてますね(^^;

友達ができなくて悩んでいる首都圏在住のあなた、今すぐTwitterを始めましょう!
友達なんてあっという間にできますよ(^^)
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント