FC2ブログ

記事一覧

大船渡高校 佐々木投手の起用法について

本日、高校野球岩手県大会の決勝戦が行われました。
結果は12-2の大差で花巻東が勝利、甲子園への切符を手にしました。
ですが、この試合、敗れた大船渡高校の監督の起用法が物議を醸しています。
なんとこの試合、絶対的エースであり今年のドラフトの目玉である佐々木投手を一切起用しなかったのです。
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201907250015-spnavi

スポンサーリンク


この起用法について、ネット上では様々な持論・憶測が飛び交っています。
・選手たちは納得できるのか?
・佐々木が投げずに勝てるわけないだろ?
・佐々木温存はまだわかるとして、2番手、3番手を起用しなかったのは何故?
・体調心配するなら何故194球も投げさせたの?
・この程度の連投で潰れるのならどの道プロでは通用しない。
・去年の金足農業の吉田の酷使問題で日和ったか?
・連投しないのなら前の準決勝で温存させるべきだったのでは?
・勝つ気ないだろ?
・敗戦行為だよね?
・メジャーから裏金貰っていたんじゃないか?
・甲子園に行きたくなかったのでは?

…とまぁ実に様々な意見が飛び交っています。
ですが、大船渡の監督ってまだ32歳なんですよね。
なんてことのないただの公立校の野球部の監督が32の若さでこんな金の卵を抱えたら…?
どうでしょう?あなたがもし同じ立場だったとして、正しい判断ができるでしょうか?

僕もこの試合、絶対に佐々木投手を登板させるべきだったと考えています。
ですが、まだまだ経験も浅い、まして公立校の監督です。
冷静さを欠いてしまっても無理はないのではないでしょうか?

まだまだ結論の出ない難しい話ですので、話がまとまらないまま記事にしてしまいましたが
この試合は高校野球の在り方に一石を投じたと思っています。

野球というのは投手の負荷がとても大きなスポーツです。
現に、高校野球での投手の酷使は常に問題になっています。
投手の将来を見越してエースを温存するか、それとも目先の勝利のためにエースと心中するか…?
この監督は前者を選んだようです。

くどいようですが、僕はこの試合は絶対に佐々木投手が完投すべきだったと考えていますし、一球も投げずに高校野球生活が終わってしまうのは何とも残念な話であることは言うまでもありません。
ですが、この試合は後世まで語り継がれる試合となるでしょう。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

No title

記事読ませて頂きました。
僕も個人的には投げて欲しかったです。
甲子園を目標としていたのか将来を大事にしていたのか本人の意思がどうだったのかわかりませんが結果的に悔いが残ったのではないかと思います。(完全に憶測ですが・・・

Re: No title

コメントありがとうございます。
いろんな憶測が飛び交ってますけど、本人が「投げたかった」と述べているところに集約されている感じはしますよね。
高校野球は人生で一度きりなんで、監督も悔いが残らない起用法をしてほしかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いしい

Author:いしい
都内某所でSEやってます。
会社にネトストされてる可哀そうなサラリーマンです(´・ω・`)
リクエストは随時受け付けてますので希望があればどしどしお申し付けください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク