FC2ブログ

記事一覧

お金儲けは悪いことじゃないよって話

こんにちは
みなさんは「ビジネス」「お金儲け」と聞いてどのようなイメージを持つでしょうか?
きっと汚いもの、ドロドロとしたものをイメージする人が多いのではないかと思います。
けど、本当にそうでしょうか?
今日はそのことについて述べていきます。

スポンサーリンク


需要と供給
有名な言葉ですね。ビジネスの世界でよく使われる言葉です。
この言葉の意味、よく考えてみましょう。
需要があるからこそ供給する
これはつまり
それをすることで喜ぶ人がいる
ということです。

人を喜ばせた代価としてお金を得る。
これの何が悪いのでしょうか?


日本は資本主義です。
人々に与えた喜びの大きさは数字でしか測れません。
ビジネスの世界においてより多くのお金を得るためにはより多くの人を喜ばせなければならないのです。

日本でお金儲けが悪いことのように扱われているのは恐らく次の2点が理由かと思われます。

1.漫画の影響
日本の漫画って、結構お金持ちが悪い人間のように書かれていることが多いですよね。
狡猾に人を騙して金を得たり、金のためなら人を蹴落としても構わないみたいなキャラをよく見かけます。

けど、あれは所詮はフィクションの世界です。
現実はそう甘くはありません。
汚いことをして金を稼いでいる人は大体みんな捕まってますよね?
○本の○迫とか…笑

2.ブラック企業多すぎ
ここ最近は多少はマシにはなってきているものの、未だに日本はブラック企業が多いですよね(^^;
ブラックがブラック足り得る一番の要因はそこにいる人ではないでしょうか?

長時間労働・サビ残・アルハラ・パワハラetc...
日本の企業って未だに労働環境の悪いところが多いですよね(^^;

仕事というのは本来それをすることによって誰かに喜びを与えなければなりません。
ですが、ブラック企業で働いていると、仕事をしても聞こえてくるのは怒号なんですよね…
こんなんじゃやりがいなんて感じませんよ(^^;

サラリーマンの仕事がつまらない理由はここにあるのかな?と思います。
・いくら働けども誰にも感謝されない
・飛び交うのは感謝の言葉ではなく怒号の数々
・供給した価値に見合うお金をもらえない

…こんな状況じゃ何も楽しくないですよ(^^;

考えてみて下さい。
・働けば働くほどみんなに感謝される
・より良いものを提供すればするほどより多くのお金をもらえる

こんな状況なら「仕事楽しい!」って思えそうですよね?

本来ビジネスってこういうもののはずなんですよ。
…日本の労働環境がもっと良くなってほしいですね(^^;
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント