FC2ブログ

記事一覧

これだけは観ておけ!GLAYの名作PV3選

こんばんは
皆さんはPVを観られますか?

僕はPVを観るのが好きで、昼休みはいつもGLAYのPVを観て過ごしてます。
そんな僕がお勧めするGLAYのPVを3つ紹介します。

スポンサーリンク


1.SOUL LOVE

まず1曲目はこれです。



この曲はあの「誘惑」と同時リリースされた曲で、TAKUROさんはなんと10分で書き上げたそうです。
そんな短時間でこんな名曲が出来てしまうとは…恐るべしはTAKUROさんの才能

曲の内容についてですが、愛の始まりを疾走感のあるサウンドに乗せて歌い上げた爽やかな一曲です。
カラオケでも意外と歌いやすいのでお勧めです。最後以外(^^;

肝心のPVの内容ですが…
楽しそうですね(笑)メンバー間の仲のよさをひしひしと感じます。
艱難辛苦を乗り越え、ようやく掴んだ頂点の座。そこから眺める景色というのはやはり格別でしょう。


2.Blue Jean

2曲目はこれ。



この曲は2004年、彼らが33歳(JIROは32歳)のときにリリースした曲です。
音楽で大成功を収めたその後の生活っていうスタンスのPVでしょうか。

メンバー各自が各々好きなことをし、最後はみんなで集まって焚き火。
…中学生か!って感じのPVですね(笑)
けど逆に考えてみましょう。
金も時間も全てを手に入れた30代の男性4人がこんな中学生みたいなノリで過ごせる
…それって素敵じゃない?


僕は所謂成金的なゴージャス消費生活よりもこういう生活に憧れます。
このPVは僕の憧れる「理想の生活」が全て詰まった作品です。


3.SPECIAL THANKS

そして最後はこれ




これは僕がとても好きな曲のひとつです。
現在という時系列から過去を眺め、その美しさを綴る曲で
そのノスタルジックなメロディーと相まってどこか映画のエンドロールのような、そんな雰囲気を醸し出しています。
中学生のころの僕はこの曲を聴きながら漫画の最終回を読むのが好きでしたね(笑)

さて、PVの内容ですが、これはGLAYの結成経緯を表しているのかな?と思ってます。
HISASHIは先に活動を始めていて、そこにTERUとTAKUROさんが加わります。
缶ビール片手に語らい、成功を誓って上京するのです。
…これ、3人の出会った経緯そのまんまなんですよね。

その後、少し遅れてJIROが加わります。
ちょっとまごまごしながら輪に加わるところとか、JIROのビールが泡を吹いてそれを3人が笑い飛ばすところとか、本当にこの人たちは高校生のころから変わってないんだなぁって思いますね(^^)

僕的には間奏の部分で缶ビール片手に移りゆく景色を眺めているところがグッときます。
このとき映像が少しスローペースになってる所がまたいいですよね(^^)
この4人が上京する時に何を思っていたか、少しだけ分かる気がします。
故郷に対する思い、抱いた大いなる夢、ついてきてくれる仲間、故郷の仲間との別れ…
そんなことを思いながら成功を誓ったのではないでしょうか?
きっとそれらは彼らを動かす原動力となっているのだと思います。


以上の3つが僕が特にお勧めしたいPVとなります。
いかがでしょう?グッときませんでしたか?
PVというのはその曲の世界観を映し出す小さな映画のようなものです。
そんなに好きではなかった曲でも、PVを観て好きになることもあります。
皆さんも好きなアーティストのPVを観てみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント