FC2ブログ

記事一覧

実録、ブラック企業の実態

ブラック企業で働いたことはありますか?
僕が先日まで働いていた企業は紛うことなきブラックです。
そこで、今回は皆さんにブラック企業の実態を紹介していきます。

スポンサーリンク


1.就業規則、雇用契約書なし
ブラック企業であるかどうかを見分ける一番わかりやすい要素がこれです。
一般的に、従業員が10人以上の会社では就業規則を作り、それを従業員に公表する義務があります。
ですが、先日退職した会社
従業員が10名を超えていたにも関わらず就業規則に関して一切の説明がありませんでした。

…え?これ違法じゃないの?

それだけではありません。
一般的に、会社は従業員を雇う際、雇用条件が記述された雇用契約書を掲示し署名・印鑑をもらうことが多いです。
ですが、先日退職した会社はこれもありませんでした。

…いや、ダメだろこの会社!

就業規則、雇用契約書というのはその会社における法律のようなものです。
これらが用意されていないということは、その会社は無法地帯になってしまうんですね。
ですので、入社の前に雇用契約書を掲示しない会社には注意しましょう。


2.給与未払いが横行している
はい出ました、ブラック企業の代名詞“給与未払い”です。
そもそもブラック企業が何故ブラック企業になるのか?
会社の経営状況が悪いからです。
会社に十分な資金がないから社員に給与を払えないし、利益を上げるために安月給でこき使うのです。


先日の記事でも紹介しましたが、この会社は給与未払いが横行しています。
僕は一度退職者の電話応対をしたことがるのですが戦慄しましたよ。

「10月末に退職したのですが、8月分以降の給与が未だに支払われていません。早く支払ってください。」

…なんとこの会社、3か月分もの給与を支払わずネコババしているのです。
詳細を聞いてみると、なんとこの社員
社長に手を出され痴話喧嘩の縺れで退職したそうな

…わーお何この独裁国家?
経営者が会社経営に私情を挟むなよ…


若干話が脱線しましたが、ブラック企業は経営陣が会社を私物化する傾向があるんですよね。
先ほど述べた就業規則、雇用契約書は会社の私物化を防ぐためのものであり、従業員を守るためのものなのです。

3.残業代?賞与?出るわけないじゃんw
ブラック企業には当然残業代・賞与なんてものはございません。
ブラック企業が求めているのは安い給料で一日中働いてくれる奴隷です。
「プロ意識、責任感」といった如何にもな言葉を盾に、長時間労働を正当化しようとします。

僕は重役にこんな言葉を言われたことがあります。

9時に来て5時になったら帰ろうなんて間違ってるよ?
誰より早く来て仕事を始めて誰よりも遅く残って仕事するくらいじゃないとダメだよ?


…え?会社ってそういう契約のもとで成り立ってるんじゃないの?

定時というのは「この時間からこの時間まではしっかり働いてくださいね」
という時間を示すものであり、この時間外の労働は原則として認められていません。
ですので、会社によっては残業するために申請が必要なところもあります。
残業というのは本来、特別な用事がなければしてはいけないものですし、するためには上長からの許可が必要です。

これは早出の場合にも同様です。
始業が9時ということは、9時から仕事を始めなければならないということであり、言い換えれば9時までは仕事をする義務はないってことです。
この仕事の中には仕事をする上での準備、例えば着替えや掃除なんかも含まれます。
朝早く来て掃除しろというのなら、掃除の時間も勤務時間に含めなければいけません。
僕は学生時代いくつかのお店でバイトしたことがあるのですが
開店前の準備・閉店後の片づけなんかは当然勤務時間として含まれ、業務時間外となるものは残業代としてお金をもらえました。
オフィスの掃除も仕事のうちなんですよね。

話はそれましたが「業務時間外にも仕事をするのは当たり前」という考えは捨てましょう。
残業は本来イレギュラーなものです。


4.それ丸投げじゃないの?「自分で考えろ!」という名の指導放棄
皆さんはブラック企業と聞いてどういった働き方を想像しますか?
きっと無茶な分量の業務を押し付けられて毎日終電帰りなんて働き方を想像する方が多いかと思います。
しかし、その逆に「放置系ブラック」なるものも存在するのです。

この放置系ブラックでは、上司は仕事に関してろくな指導をしません。
「自分で考えろ!」「仕事は自分で作り出せ!」「言われたことしかできないんじゃダメだよ?」
などと都合のいい台詞を吐き捨て、部下に全部丸投げをします。


しかし、何の指導もなしにいきなり「自分で考えろ!」なんて言われてもできるわけがありません。
その結果、何のスキルも身に付かないまま年だけを重ねてしまい、他では通用しない人材になってしまうのです。
放置系ブラックに入るくらいならまだ激務系ブラックのほうがマシかもしれません。
激務系ブラックはまだスキルは身に付くので…

5.有給6日しかもらえないってマジですか!?
有給は入社半年後に10日与えることと労働基準法で定められています。
ですが、僕が働いていた会社
有給は入社半年後に6日しかもらえないんですよね。

…え?これ労基法違反じゃないの?

ブラック企業に法令遵守意識はありません。
そんなものを守らないからこそのブラック企業なのです。



以上です。
ブラック企業の実態、おわかりいただけたでしょうか?
ブラック企業に入らないようにするために、入社前にちゃんと待遇面を確認しておきましょう。
そしてもしブラック企業に入ってしまったら、即転職しましょう。
日本に会社は山ほどあります。
そして、実はブラック企業の方が少数派です。
今より待遇のいい会社は山ほどありますよ?
スポンサーサイト



スポンサーリンク